交通事故被害

良くある交通事故被害のご相談

衝突事故を起こしてしまったが、とりあえず何をすればいいのか
保険で治療費はまかなえたが、休業した分の補償が考慮されていない
鍼灸や温泉治療などを利用したいが、保険でカバーしてくれるのだろうか

保険会社による提示条件は、多くの場合、低く抑えられています。保険会社の提示額は裁判所が認める金額よりも低額であるのが通例です。保険会社も営利企業ですから、支払額を抑えようとするのはむしろ当然といえます。弁護士に相談した場合、ほとんどのケースで示談金が増額します。

弁護士へ依頼するメリット

裁判基準と照らし合わせ、不利益が生じているのであれば、是正を働きかけます。
後々有利となるような医療機関の選び方や通院方法をアドバイスします。
警察等の関係先から、事故に関する資料を取り寄せ、不明点を明らかにすることが可能です。

ケース紹介:保険会社との示談交渉のケース

ご相談内容

治療費の支払いを打ち切られた。まだ痛みが残っているのに、交渉しても聞き入れてもらえない。

着眼点

弁護士が保険会社と直接交渉するほか、自費で通院し、終了後に保険会社や自賠責に請求する方法があります。その際には医師の判断が尊重されます。

結果

当職から主治医に対し、手続きの趣旨と、診断書に記載すべき要点を説明。その結果、申立てが認められ、治療費の支払いが延長されました。

ワンポイントアドバイス

医療機関をばらばらに受けたり受診期間が一定以上空いていたりする場合、接骨院、整骨院にのみ通院し、医師の診断を受けていない場合には、請求が認められないかもしれません。できましたら、事故発生直後の段階で無料相談をお受けください。結果に結びつくアドバイスを差し上げます。

ケース紹介:過失割合を巡るケース

ご相談内容

事故を起こした双方が「青信号に従った」と主張。先方がバイクであったため、車を運転していたこちら側の過失割合が大きいとされてしまった。

着眼点

典型処理の代表例といえます。目撃者がいない場合、直接的な証拠はありません。この場合、現場の状況や信号サイクルを確認することが考えます。

結果

タイヤ跡から、先方による急発進の形跡がうかがえました。青信号であれば、なぜ停止していたのでしょうか。この点を主張したところ、当方が青信号であったと認定されました。

ワンポイントアドバイス

症状が重い場合、過失割合のわずかな変更が保険金額を大きく左右します。「多少違っていても構わないだろう」と諦めず、無料相談でシミュレートしてみてください。

ケース紹介:後遺障害が発生したケース

ご相談内容

事故後半年がたち、肩や首にしこりが残っているのに、後遺障害が認められなかった。

着眼点

一般的には、自賠責に異議申立てを行います。しかし、その前に、主治医から治療の経過や後遺障害についての所感を聞いてみましょう。

結果

医師面談に同行し、意見書を作成してもらいました。その意見書を元に、異議申立てをしたところ、後遺障害が認められました。

ワンポイントアドバイス

自賠責の審査は、所定の書類と画像による形式的なものに過ぎません。その結果に納得がいかないのなら、積極的な主張を行っていきましょう。

交通事故被害に関する弁護士費用

ご加入の保険に弁護士費用担保特約が付いている場合には、保険会社から弁護士費用が支払われます。
相手方に保険会社がついており、支払いが確実に見込まれるような場合には、着手金を後日お支払いいただくことも可能です。

損害賠償請求事件

経済的利益の額着手金報酬金
125万円以下 10万円 16%
125万円を超え、300万円以下 8% 16%
300万円を超え、3000万円以下 5%+9万円 10%+18万円
3000万円を超え、3億円以下 3%+69万円 6%+138万円

自賠責保険に対する被害者請求

得られた保険金の5%

  • 躊躇せずまずはご相談から始めませんか?
  • 電話番号:03-6265-6721
  • メールでのご質問はこちら
  • 躊躇せずまずはご相談から始めませんか?
  • foot_btn_01_sp.jpg
  • メールでのご質問はこちら